相対リンクを使うときのSEOの注意

ホームページの構成では別のページへのジャンプの設定をすることがあります。
このときの方法に絶対リンクと相対リンクで行うことがあります。
絶対リンクは頭からお尻まできちんと記載する方法です。
相対リンクは一部のみの記載になります。
見た目であったり作成するときは相対リンクの方が簡単です。
絶対リンクが長くなりすぎるような場合も相対リンクの方が良さそうです。
SEO対策をするときに相対リンクでも問題がないか気になるでしょう。
検索サイトがホームページのチェックをするときにはそれが相対リンクか絶対リンクかで判断するのではありません。
きちんとリンクされているかどうかを判断されます。
記載部分が短くてもきちんとそのページにいけるのであれば同様に評価してくれます。
SEOでの問題はきちんと行けない場合でしょう。
上の部分が変更されているにも関わらずそれに対応していないとリンクがつながらないことがあります。
そうなるとその部分の評価が減らされる場合があります。